中古車関連のさまざまな相談電話がかかってくる消費生活センター

消費生活センターには例年、何千件もの中古車関連のさまざまな相談電話がかかってきます。近年はとくに売却(買取)絡みの電話が増える一方です。内容的に多いのは、ネットの一括見積りサイトを通じて査定依頼したら、信じられないほどの電話が集中して迷惑している、居座られて契約をせざるを得なかったなどです。悪質な業者に当たったときなどは、消費問題に詳しいプロなどに話してみる事がまず第一です。これから中古車買取り業者に査定をしてもらおうという場合は特に用意するものはありませんが、業者が決まって売却するにあたっては、複数の書類が必要になります。売却するのが普通乗用車なら実印と印鑑証明書が不可欠ですし、姓の変更があった場合や引越しで既に住民票を移してしまっている場合などは別途書類が必要となるので業者に確認しましょう。中古車屋に売ると決めたらあらかじめ書類を揃えておくと、売却手続きに要する時間を減らすことができます。車内の掃除が行き届いていたり、査定前に洗車していようと、見積額がプラスになることはありません。素人による清掃は後々業者の手で行うことも可能なのですから、無理もありません。ただ、直接的ではないものの、良いこともあるのです。実写査定の際に車がきれいになっていると、気持ち良く値付けが出来ます。車の値付けや取引をしているのは人間ですから、心がけが見積額に反映されるのは必然的かもしれません。

中古車の相場は変動するので実車査定は欠かせませんが、その方法は中古車屋に知人でもいない限り、次に上げる二つしかありません。多いのは、車の買い替え時に下取りに出し、ディーラーに値付けをしてもらうやりかたです。なにしろ手軽なのは言うまでもなく、車での移動が日常的な人からすると代車不要な点は嬉しい限りです。しかし、一社だけという手軽さがアダになり、価格競争がないので当然ながら低めの査定額になるのは否めません。あと一つは中古車一括査定サイトを使い、業界各社から見積りをもらうことです。一度に複数の業者が査定に参加するため、結果的に買取価格がディーラーより上がるのが普通です。ベビーシートやジュニアシートなどを取り付けたマイカーを処分しようと思ったら、実車査定前に撤去しておきましょう。実車査定ではたとえブランド物のチャイルドシートすら加点される項目ではありません。そもそもベビーシートやチャイルドシートはユーズド品でも人気のある商品なので、取り外してからリサイクルショップなどで売れば値段がつかないということはありませんし、美品のブランド製品などはこちらが思っているより高額で売れることがあります。

あとで後悔しないために、中古車屋と売買契約を結ぶ際は気をつけなければいけないことがあります。当たり前ですが、契約書にしっかり目を通すことです。取引に関する必要事項を記載したものが契約書で、各自が署名捺印すれば「納得したもの」と見なされ、効力が生じます。契約書はあらかじめ合意に達した内容通りに作成されているのか、そして契約金額に関する文章はしっかり目を通す必要があります。細かいところまで読んでから契約書を交わすようにしましょう。一般に乗用車というのは初年度の登録から数えて、何年落ちといった言い方をするものです。実際には製造年からカウントするのでなく、初めて登録した年から数えるので間違えないようにしましょう。当然ながら年数が多ければ多いほど安く査定されるため、たとえば10年落ちに近づいてくると過走行車ということで非常に低い価格になるのが普通です。売る方にすれば気の毒な話ですが、裏を返せば、買う人からすれば10年落ちでも充分にメンテナンスされた車があれば、激安で高級車を手に入れることもできるわけです。プロが見れば素人がいくら頑張ったところで車の修理歴、ましてや事故歴などは隠しきれるものではないです。修理歴等を偽って深刻する行為は査定担当者に不信感を持たせますし、契約前ならその後の話もナシになってしまうかもしれません。

そして査定で申告対象となるような車の状態を隠蔽するのは法律上では告知義務違反に相当する大問題で、いずれは契約破棄、減額、全額返金要求といった事態を招くだけです。実際、契約書の中にも告知義務違反に関する項目は必ずあるはずです。パジャマ姿でも外出先でも時と場所を選ばず見ることができるのがインターネットの良さですが、中古車の査定依頼もウェブだったら簡単にできてしまいます。車で直接行っても時間がかかる複数店舗の査定金額を、たった数分の入力で知ることができます。しかしそれにはデメリットもあるようです。たとえばウェブだからと夜中に査定を申し込むと、これから寝るぞという時に夜間営業の中古車屋などから登録した番号にどんどん電話がかかってきて困ったという人もいます。勤務中にかかってくるのも困りものですし、連絡先の選択は注意するポイントです。査定の時に天気が悪かったりすると、総じて車のアラが目立たないので高めの査定がつきやすいという噂があります。しかしながら、業者自身も見づらいのは分かっていますから、拡散タイプや高輝度のポケットライトなどを使い分け、しっかりチェックされてしまいます。それに掃除が行き届いている車というのは晴れた自然光の下では断然見栄えがします。以前から天気と査定の関係はいろいろ言われていますが、各々こちらが絶対有利なんてものはないですし、査定日の天気で一喜一憂するのは現在では意味のないことのようです。